上林岳承の『イイんじゃ〜ないですか?!』

「イイんじゃ〜ないですか?!」ちゅう人生を生きやんとあきまへんで〜!

1
「窮すれば通じる」ちゅう言葉がおます。

これは「窮して」二進も三進も(にっちもさっちも)行かれんよ~になったら…。
「捨我得全」ちゅうて、雑念や学歴や環境などを一切、捨てて、万事を尽くして天命を待てば必ず「通ずる」ちゅう事を言~てま。

「捨我得全」…。
わてにとって、「捨我得全」は高校教師クビの時がまさにそれでおました。

つまり…。
占い師ちゅう、今までの学歴、職歴を捨てて、これに当たったからこそ「窮すれば通じた」んだす。

また…。
占い師修業時代にFRPの防水職人や、占い師駆け出しん頃に引っ越しのバイトもでけ申したんだす。
もし「わては大学出や。」とか「元教師やさかい、チョークよりも重いモン、持った事ない。」ちゅうて言~とったらでけんかったと思いまっせ。

そやけど…。
こ~ゆ~方針の根源ちゅうんは、わて、我がままで排他的な性格で、とてもとてもサラリーマンは勤まりまへん。
そないな、一匹狼的な性格ちゅうか欠点を拒否せず受け入れ申して、ほんで消化して「性格の短所を武器に変えた」ちゅう事だっしゃろ~か?!

「窮すれば通じる」ちゅうても、万人が万人とも「通ずる」事はおまへん。
何でかちゅうたら、「通ずる」も「通じん」も運気しだいだっからだす。
「通じよう」ちゅうて念じはってもだっせ、成功する運気がおまへんかったら「通じ」まへん。

運ちゅうモンは…。
良ければ、何をしてもうも~行くモンだっけど、悪ければ、何をしてもうも~行かんモンだっせ。

わての場合、運がよろしおましたから、教師クビの後、占い師ちゅう事で再生でけ申したんだす。
そやさかい最前の…。

「窮して」二進も三進も(にっちもさっちも)行かれんよ~になったら…。
「捨我得全」ちゅうて、雑念や学歴や環境などを一切、捨てて、万事を尽くして天命を待てば必ず「通ずる」ちゅう言葉は、わての勝てば官軍的考察かもしれ申さん。

「窮すれば通じる」ちゅう言葉について…。
これは、「いくら努力しはっても、成功する運気がおまへなんだら、『窮すれば通じる』ちゅう事はおまへん。」ちゅうこっちゃ。
それは、当然の事だす

そこで、アフリカのある原住民で、その特定の原住民が「雨乞い」の儀式をするちゅうと必ず雨が降るちゅう話を…。
ナンで、この原住民が「雨乞い」の儀式をやったら雨が降るんか?!
それは、この特定の原住民はんらは、雨が降るまで儀式をし続けるからでんねん。

そやから、「窮した時は成功するまで努力を続ける」事や!

エエ?!
それって、新興宗教の台詞でんがな~?!

「教祖様、全然まだ病気が治りませんが。」
「あなたは、まだ信心が足りないのです。もっと寄進しなされ。」


ちゅうて、無知で弱い困ってはるモンから金品をムシリ取る手口の論法といっしょでんがな~。

そやけど、「窮した時は成功するまで努力を続ける」ちゅう言葉…。
一般受けする、ホ~ンマに道徳的な言葉や。
もし、ここで、わてが「いくら努力しはっても、成功する運気がおまへなんだら、『窮すれば通じる』ちゅう事はおまへん。」ちゅうて言い申したら…。
ヘヘヘ、散々に非難を受けまっしゃろ~な~。

そやけど…。
運のおまへん時に、何をやってもうまいこと行かへんちゅうこと…、みなはん、よ~知ってはりまっしゃろ~??

四柱推命の原書に「窮通寳鑑(きゅうつうほうかん)」ちゅうのがおます。
これは「窮通」は「窮すれば通じる」「寳鑑」は「寳の鑑…、すなわち道を示してくれる『未来予知』」を意味してま。
つまり人間は昔から、「窮しても~たから努力してまっけど、果たして自分は、報われる運気を持ってまんねやろ~か?!」ちゅう事を知りと~おますんや。
それも「早い時期」にね!

そない考え申したら…。
占いちゅうたら、ホンマはそ~やおまへんのに…、宗教みたいに胡散臭いモンに思~てはる御仁がいたはりまっけど…。
「窮した時は成功するまで努力を続けなさい」ちゅう道徳的観念の方が…。
ヘヘヘ、ずっとずっとパーフェクトに「宗教みたいに胡散臭いモン」と違ゃいまっか?!


「窮しても通ずるんか否か?!」は、わてに聞いておくんなはれ。
これは『運命鑑定』の領域だっからな~。
四柱推命はホ~ンマ便利な占術だして、こ~ゆ~事がポ~ンとわかりまんねん。
わての四柱推命で「窮しても通ずるんか否か?!」を知って、早い時期に楽になっておくんなはれ。
ほんで合理的な努力をしておくんなはれ。

そやけど、そないなあんさんだしても…。
「性格の短所を武器に変える」ちゅう事と、「捨我得全」ちゅう事を追求しといておくんなはれや~。
それが、開運の第一歩だっからな~。

にほんブログ村 その他日記ブログ 古い人間へ続きを読む

5
わての相方が…。
膝が痛いちゅうんで医者に行きましてん。
わてもついて行ったりましてん。
そやけど…。

「膝関節の前か後ろかの骨と骨の隙間が無い云々。」ちゅう診断。
ほんで、大した治療法も無いらしい。

それにナンか疑問を思~たんで…。
わてが大信頼しと~整形外科にハシゴしたった。

問診の時に…。
わての相方が午前中に行った医者の診断結果を言うたら…。

「誰でもそない言う。」ちゅうて言われたそ~や。

それを聞いて…。
わては心ん中で…。
パシッと手を打っとった!
「誰でもそない言う。」…。
そのセリフの真意は?!

「俺の診断はそれとは違う!」
「俺はそない診断せん!」
「アホな医者はみなそないな診断しよるけど、俺は違う!」


結果?!
膝関節の骨には異常はおまへんで…。
「あんさんの骨は…、二十歳の骨や。それくらいきれいや! リハビリしたら必ず治る!」だした。

ほんで…。
相方はリハビリちゅうかマッサージをしてもろたら…。
少なくとも今朝よりも歩きイイそ~や!

ココの先生…。
かつて…。
わてがワンパクやった頃…。
人をどついて拳を砕いてしも~た時…。
砕けた、わての拳の骨に穴をあけて…。
針金を通して繋ぎ合わせ…。
ギブスで巻いて…。
わての拳をモトど~りにしてくれはった!
名医でんねん!!

わての砕けた拳を治した名医は「ヨソにはおまへん整形外科」
自分の稼業は、こ~ありたいモンやちゅうて…。
お・も・い・ま・へ・ん・か?!

にほんブログ村 その他日記ブログ 古い人間へ続きを読む

1
関西のハナシだっけど…。
三木から氷上に向けて…。
175号線を走っとったら…。
西脇市に「さぬきうどん優」ちゅう、うどん屋がおます。

ここは…。
正真正銘の「讃岐のうどん」でんねん。

最近は「讃岐うどん」ちゅう看板を出しとっても…。
全く「讃岐うどん」やおまへん、うどん屋ばっかりだす。
これはまるで…。
「四柱推命」みたいなモンだっせ~。

わては大学を出てすぐに…。
讃岐は讃岐…。
四国の香川県の丸亀や善通寺の傍に…。
社会人新入生としておったんだす。

そこで…。
讃岐の正真正銘のうどんを頻繁に食しとったんで…。
お米のよ~に馴染んど~ちゅうこっちゃ。

そないなわてが…。
「讃岐のうどん」を本州で食す時は…。
ここ「さぬきうどん優」に行くちゅうこっちゃ。
だって、ここは…。
正真正銘の「讃岐のうどん」だっさかいな~!

そやけどここで食した輩の、ネット上のコメントは…。
「丸亀製麺より高い。」ちゅうとんだす!
あんさんな~、ここは正真正銘の「讃岐のうどん」を食す店だして…。
丸亀製麺みたいな「普通のうどん」と、値段で比較してどないしまんねん?!

また…。
「ランチがお得ですよ。」ちゅうコメントもおます。
あんさんな~、ここは正真正銘の「讃岐のうどん」を食す店だして…。
米粒を食すとこと違ゃいまんねんで~!!

ま~、この御仁らは…。
正真正銘の「讃岐のうどん」の「麺」を知らんから…。
「さぬきうどん優」の正真正銘の「讃岐のうどん」の「麺」がわかりはらへんのんだすな~。
そやから…。
せっかくの「讃岐の麺」やのに…。
単なる「メシ屋」同然で行ったはるんだすな~。

これを「豚に真珠」ちゅうんだすな~。

四柱推命も…。
四柱推命の神髄に触れてない輩は…。
四柱推命のホンマの威力がわかったはらへん。

これを「馬耳東風」ちゅうんだすな~。

にほんブログ村 その他日記ブログ 古い人間へ続きを読む

1
今年もわてんとこの薔薇は咲きまっせ〜!
四柱推命の上林岳承だっせ。

「石の上にも3年」ちゅう、ことわざがおまっけど…。
みなはんな〜…。
石の上に3年辛抱して居ったら、事が成就するちゅうて思〜たはりまへんか?
違ゃいまっか?!

あんさんな〜…。
石の上に3年辛抱して居るだけで云々ちゅう…。
うまいハナシがどこにおまんねん?!
世の中、そんな甘い事はおまへんがな〜。

この「石の上にも3年」は…。
3年間、「1つの事」「ブレず」「いつも考え続ける」事をして切磋琢磨しはると…。
その事に対して成就しまっせ〜ちゅうことわざでんねんで〜。

確かに…。
3年メで、その事の「仕組み」ちゅうか「メカニック」ちゅうか「原理」がわかりま!
ほんで…。
まる3年間で、その事とあんさんとが「最適化」されま!

そ〜ゆ〜事で…。
「石の上にも3年」ちゅうんだす。

みなはん!
日常生活に「考え続ける」習慣をつけなはれや〜!!

(『ヨソにはおまへん四柱推命』2019.1.1.トップページより)


にほんブログ村 その他日記ブログ 古い人間へ

1
お祭り騒ぎは嫌いでんねん。
四柱推命の上林岳承だっせ。

ナンや知りまへんけど…。
大阪は現在…。
大阪万博が決まって大騒ぎしたはる。
しかし…。
それで潤うんは、その関係者のみだっせ。

大昔にも大阪で万博がおました。
その時はわても行き申した。
しかし、阪神間に住んどっても…。
上林家は潤いまへんだしたで〜。
関係者やおまへんのんだすから、それは当然のこっちゃ。
逆に…。
万博を観に行って、ゼニを遣う事になっても〜た。
万博がおまへんかったら、そのゼニは遣わんで済んだちゅうこっちゃ。

ナンかセコいハナシになり申したけど…。
ナンか大阪万博が決まって…。
●兆円規模の経済効果がおますとか言うて…。(どない試算したんか知りまへんけどな〜)
わけのわからん顔しはった民衆はんまでが、大騒ぎしたはるんを見て…。
何を騒ぐ必要がおますんや?! ちゅう見解でんねん。

毛唐(外人)がいっぱい来て…。
大阪の街が汚れる…。
住民が迷惑を被る…。
そ〜ゆ〜事でんがな〜。
観光の毛唐を相手の商売でゼニ儲けせんと、儲からん商いなんて「××」やちゅうて思いまんな〜。
江戸時代の身分制度を思い出しまんな〜。

大阪万博が決まって…。
その関係者やおまへんのに…。
ナンか自分の生活が潤うよ〜な錯覚を持って…。
大騒ぎしたはるんだしたら…。
やめときなはれ。
あんさんはゼニを支出する事がおましても…。
1円の収入もおまへんからね。

ナナメから見た見解やちゅうて言われるかも知れまへんけど…。
経済効果をメインで報道され…。
それに感化されて、関係のおまへん民衆はんが大騒ぎしたはるんで…。
「ナンで大騒ぎしたはるの?!」ちゅう…。
わての醒めた見解やちゅう事だす。

(『ヨソにはおまへん四柱推命』2018.12.1.トップページより)


にほんブログ村 その他日記ブログ 古い人間へ

5
価値のわかる人間に!
四柱推命の上林岳承だっせ。

ニコラス・ペタス旧い時代のK-1戦士…。
ニコラス・ペタスはんのフィギュアを買い申した。
それを手に取ってみて…。
合成樹脂やのに、ズッシリと重い!
「これは、他のK-1戦士をイチビって買うシロモノやない!!」ちゅうて…。
わてはすぐ思い申した。

これほどの重量感のおますフィギュアは…。
自分の一番好きなのを1体だけ持つモンで…。
それほどの価値観なんだす!

ナンでも…。
価値観ちゅうのがわからんとあきまへん!

タクシーでも…。
大阪キタから宝塚まで…。
深夜だしたら…。
高速代も入れて7000ナンボで自宅の前まで帰って来れ申す。(深夜は5000円超は半額料金加算)
それも30分ほどで到着し申す。
これって、ものすごい価値がおまっせ〜!!!

電車なんぞで帰ってみなはれ?!
しんどいし時間はかかるし、深夜だすんでどんな族が乗ったはるかわかりまへんやん?
トラブってイヤな思いをするかもしれまへん。

そ〜ゆ〜事で…。
タクシーの7000ナンボは安い!!!!!!!!
そやからわてはいっつも万札を差し出して降り申す。
それぐらいの価値がおますちゅうこっちゃ。

価値のわかる人間。
わての鑑定も…。
価値のわかりはるお人はんに受けてもらいと〜おます。刻印

(『ヨソにはおまへん四柱推命』2018.11.1.トップページより)


にほんブログ村 その他日記ブログ 古い人間へ

5
泥臭く勝負しましょ〜ぜ!
四柱推命の上林岳承だっせ。

わてよりも…。
ヘヘヘ、ずっとずっと年下でんねんけど…。(当然や! わては還暦を過ぎてまっから!!)
わての行ってるキックボクシング・ジムで…。
わてに、ホンマにエエ助言をしてくれはるお人はんが結婚しはった!!
イイんじゃ〜ないですか?!

おめでと〜はん!!!!!!!!!!!

わて、昨年の夏頃…。
キックボクシングがMAXにスランプだしてん。
その時?!
そのお人はんのちょっとした助言…、アドバイス!!
そのひと言でわては?!
スランプを脱出しましてん!!!

また…。
つい数カ月前…。
わて、キックの新しい「必殺技」を見つけ申して、それを試してましてん。
それを、そのお人はんが観て…。
賞賛のお言葉を!!!
それによって、わてはその「必殺技」を遮るモン無しで繰り出せまんがな〜。
その結果…。
その「必殺技」が…。
ホンマにわての「必殺技」に成ったちゅうこっちゃ。

(も〜1人のわてがわてに)おめでと〜はん!!!!!!!!!!!

そ〜ゆ〜プラスのイワクのおますお人はんだすんで…。
今回のそのご結婚…。
自分の事のよ〜にうれしゅ〜てうれしゅ〜て…!!

いや〜ホンマに…。

おめでと〜はん!!!!!!!!!!!

(『ヨソにはおまへん四柱推命』2018.10.1.トップページより)


にほんブログ村 その他日記ブログ 古い人間へ

1
秋を感じまんな〜。
四柱推命の上林岳承だっせ。

世の中…。
ナンかを修得する事において…。
「教えてもらお〜もらお〜」ちゅうてするモンがいておます。
一見、それはエエよ〜に思えまっけど…。
この人種は?!

「自分で考える」事をせんと…。
「教えてもらお〜もらお〜」としかしはりまへんねん。

そ〜ゆ〜事だっから…。
教わった事を…。
充分に吟味せんと使いはるんで…。

「おまえ! わかって使ってるか?!」ちゅうて聞かれる始末。
応用が効きまへんねん。
事を大切にしと〜者から見申したら…。
「事を上辺で転用」しと〜様に映り申す。

そ〜ゆ〜モンは…。
一事は万事。
人生、そこまででんねん。

「付け焼き刃のなまくら包丁」やちゅう事でんな〜。

野菜のタネのよ〜に…。
エエ野菜を実らせるタネがおましたら…。
ショボクレた実らし方をするタネ。
土から顔も出さんタネ。
いろいろおますよ〜に…。

人間にも…。
事を成せる人間がいたはったら…。
モノに成れん人間はんもいたはるちゅう事でんねん。
世の中…、そ〜ゆ〜モンと違ゃいまっか?!

(『ヨソにはおまへん四柱推命』2018.9.1.トップページより)


にほんブログ村 その他日記ブログ 古い人間へ

1
それでも阪神がんばれ!
四柱推命の上林岳承だっせ。

わては…。
3年前から…。
ここ(阪神ファンだっけど…)に書いてまっけど…。
阪神タイガースの優勝は…。
監督が金本はんでおます限りおまへ〜ん。

そないな結論でんねんけど…。
阪神ファンのわて…。
最近、阪神があまりにも弱すぎて弱すぎて…。
辛抱たまりまへ〜〜〜ん!!

そ〜ゆ〜事で…。
占い師ちゅうのは…。
或る時…。
娯楽を削がれる場合がおますな〜。

もし、わてが占い師やおまへんだしたら…。
「今は弱っちいけど…。も〜すぐ、みんな打ち出して強よ〜なってくれるやろ〜!」ちゅうて思〜たりして…。
娯楽を阪神タイガースに持てまんがな〜。

しかし…。
わては占い師だっから…。
今の阪神の結論がわかってまっから…。
ちっとも…、ヘヘヘ、楽しめまへ〜ん!

そ〜ゆ〜事で…。
わての中では…。
も〜ペナントレースちゅうのは…。
春先から終わってまんねん。
悲し〜こっちゃ。

(『ヨソにはおまへん四柱推命』2018.8.1.トップページより)


にほんブログ村 その他日記ブログ 古い人間へ

5
「ブリキ看板」はインテリアによろしおまっせ〜!
四柱推命の上林岳承だっせ。

わては…。
1ヵ月前から…。
「ブリキ看板」にハマっとって…。
5つぐらい手に入れ申した。

ほんだら…。バッグス・バニーそれを知った、わての旧い愛弟子が…。
「先生の好きな『バッグス・バニー』のブリキ看板もコレクションに入っている云々。」ちゅうて…。
電話で言うてくれたんで…。
「あんさん! わてが『バッグス・バニー』が好きやちゅうんを…、よ〜覚えてはるな〜?!」ちゅうて言うと…。
「それくらい覚えていますよ!」ちゅう事だした。

そ〜でんねん!
わては…。
『バッグス・バニー』が好きでんねん!!

しか〜し…。
わてが、『バッグス・バニー』を云々ちゅうて言うたんは…。
15年も前だしたんだっせ〜。

それを…。
よ〜覚えてくれとったんが…。
ナンか?!
ヘヘヘ…。
イイんじゃ〜ないですか?!

この歴史のおます「やりとり」…。
これも…。
イイんじゃ〜ないですか?!

(『ヨソにはおまへん四柱推命』2018.7.1.トップページより)


にほんブログ村 その他日記ブログ 古い人間へ

↑このページのトップヘ